2022.10.21
ベジタリアン料理

揚げ豆腐と県産野菜のごま味噌炒め

メイン画像

ウェルカムんちゅになるには異文化理解も大切です。「食」に対する考え方も、国や信仰によってはそれぞれです。 今回は、身近な県産食材を使い、ちょっとした工夫で異文化の「食」が体験できる簡単レシピをご紹介します。 ぜひ、ご家庭や飲食店でこちらのレシピを参考に県産食材の多彩な魅力を発見してみてはいかがでしょうか。

“ベジタリアン料理”とは、「菜食主義に基づく食事法」のことで、肉や魚といった動物性食品を使わない料理のことです。主義、信仰、信条などによって食べられるものの範囲や戒律が異なります。
材料

【材料(2人分) ・調理時間10分】

マグロ(刺身用 柵):200g
塩・こしょう:少々
オリーブ油:小さじ1
ニンニク(スライス):5g
シークヮーサー:1個
季節の野菜:適量
氷:適量
島唐辛子(輪切り):少々
煎りごま(白):適量
ごま油:適量

【味噌だれ】

味噌:大さじ2~2と1/2
水:大さじ2
酒:大さじ1
甜菜糖:大さじ1
みりん:大さじ1

①ゴーヤーはワタごと7㎜幅の半月切りにし、2つまみの塩をふりかけ水気を切っておく(絞らない)。厚揚げは一口大に切り、にんじんとエリンギは拍子木切り、玉ねぎは7㎜ほどのくし形切りにする。

②味噌だれをよく混ぜておく。

③ごま油を熱したフライパンで島唐辛子を弱火で軽く炒め、強火にしたら1のにんじん、玉ねぎ、エリンギ、ゴーヤー、厚揚げの順に炒め、②の味噌だれを回しかけてからもやしを加え、さっと炒め合わせる。

④煎りごまをふる。

調理のポイント −Tips−

  • ゴーヤーは7㎜幅に切り、下味のための塩をふりかけます。
  • ゴーヤーをワタごと切るのは、ワタに果肉の1.78~3倍ものビタミンCが含まれているといわれているためです。ぜひワタごと食べてほしいです。
  • ゴーヤーから出てきた水気のみ切って絞らないのは、栄養素や機能性を損なわないためです。

コラム −column−

●ベジタリアンの始まり
イギリスのマンチェスターの聖書教会の会員によって、19世紀に肉や魚は食べずに、卵や乳類の摂食は本人の選択により、穀物・野菜・豆類などの植物性食品を中心にした食生活を行なう運動が展開されたのが、近代ベジタリアン運動の始まりです。ベジタリアン (Vegetarian) という言葉は、「健全な、新鮮な、元気のある」という意味のラテン語「vegetus」に由来します。

徳元佳代子 徳元佳代子

徳元佳代子

ベジフルマンマ代表

大手企業の秘書として勤務後、沖縄の農家の長男嫁に。家族3人の自宅介護歴30年を有す。大病後「食の大切さ」を痛感し九州沖縄初の上級野菜ソムリエに。第2回野菜ソムリエアワード金賞受賞・初代の日本一。「農と食を楽しみ健康的な社会に貢献する」というビジョンのため、農産物の魅力や食べ方を国内のみならず海外(パリ、ニューヨーク、シンガポール、香港、タイ)でも発信中。NHKなど料理番組やメディア出演多数。