2021.12.16
ベジタリアン料理

車麩べジロール

メイン画像

ウェルカムんちゅになるには異文化理解も大切です。「食」に対する考え方も、国や信仰によってはそれぞれです。 今回は、身近な県産食材を使い、ちょっとした工夫で異文化の「食」が体験できる簡単レシピをご紹介します。 ぜひ、ご家庭で楽しみながら味わってみてください。

“ベジタリアン料理”とは、「菜食主義に基づく食事法」のことで、肉や魚といった動物性食品を使わない料理のことです。主義、信仰、信条などによって食べられるものの範囲や戒律が異なります。
材料

【材料(4人分)・調理時間:約15分】

車麩:1/2本
■板のり:1枚
■しその葉:4枚
■もやし:50g
■人参:30g
塩・こしょう:少々
溶き卵:1/2個
塩:適量
油:大さじ1

【1人分あたりの栄養情報】

エネルギー:71kcal
タンパク質:3.7g
脂質:4.0g
炭水化物:5.1g
塩分:0.8g

①車麩は切らずに水に浸けておく。

②人参は粗千切りする。

③人参ともやしを塩こしょうで炒める。(油分量外)

④板のりの上にしその葉、人参、もやしをおいて溶き卵をスプーンでたらし巻く

⑤戻した麩を絞りほどいて広げておく。

⑥巻いておいた■印(④)を麩で巻く。

⑦フライパンに油を温め、⑥の表面に、残っている卵液をつけて弱火~中火でゆっくり焼く。

⑧転がしながら全体をきつね色に焼き、食べやすい大きさに切る。

調理のポイント −Tips−

  • たんぱく質を肉、魚で摂らずに麩を使用しました。麩チャンプルーやタシヤーが定番でレシピがマンネリ化して飽きてしまうので、新しい麩の使い方をご提案します。麩は小さく圧縮したものもあるのでお土産にもおすすめです。常備用としても賞味期限が長く、重宝します。
  • ベジロールの中身は何でもいいです。アイディア次第で無限大。今回はベジタリアン料理ですが、スライスチーズやハムなどを入れれば、弁当やおつまみにも使えます。巻き寿司のように使えて、見た目もかわいいです。

カエ先生からコメント −comment−

麩はヒラウコー(線香)と同じ原料から作っています。水と小麦粉を手でまとめると、手の中に残るものがグルテンで麩になり、水の中に溶けて沈殿したものがデンプンでヒラウコーになります。麩は副産物を利用したものなんですよ。

コラム −column−

●「食」の考え方の多様性 ひとまとめにベジタリアンと言っても、ヴィーガン、フルータリアン、ラクト・ベジタリアン、ラクト・オボ・ベジタリアンなど、主義、信条、信仰などによって細分化されており、それぞれ食べられるものの範囲や考え方が違います。日本で禅宗が広めたとされる「精進料理」や、日本で確立された食事法「マクロビオティック」も動物性食品を避けるという点ではベジタリアンと似ていますが、「食」に対する捉え方、考え方が異なります。 ●沖縄は全国的に見てベジタリアンは多い? 2016年から沖縄ヴィーガンフードフェスが開催され、2019年には県内の飲食店経営者でつくる「沖縄ヴィーガン協会」が設立されました。2019年現在県内には約40店舗のベジタリアンやヴィーガン料理の専門店があり、面積当たりの店舗数では全国でも上位に入ります。

伊是名カエ

伊是名カエ

管理栄養士・健康運動指導士・琉球料理伝承人

学校・病院・企業内での管理栄養士を経て、1991年にヘルスプランニングカエとして独立。2015年12月には(一社)トータルウエルネスプロジェクトオキナワを設立。料理&運動教室の運営、県内複数の医療・教育機関にて健康指導、体験型の食農教育を行う。県産食材活用した商品・レシピ開発の実績も多数あり。食・健康・美容情報を各種メディアで発信中。講演活動を国内外でも行い、三浦雄一郎氏や茂木健一郎氏との対談実績もあり。